グリシンサプリ+安眠ハーブティー配合の効果とは!

グリシンサプリに配合!安眠ハーブティーでリラックス!?その効果とは?

 

質の良い睡眠をとるためにグリシンサプリに配合されているハーブ。
グリシンサプリを選ぶ1つの目安としてハーブの種類と効果をご紹介します。

 

ハーブティーはリラックス効果や鎮静作用のほか、消化の促進など種類によって効能がたくさんあります。その中でも安眠できると評判のハーブと効果はどんなものでしょうか。

 

アズレンという抗菌作用を持つため、風邪をひいたときにもよく飲まれることで有名な「カモミール」は、
甘い香りが体内時計に作用して睡眠などのリズムを整えてくれます。

 

「バレリアン」は大脳皮質からギャバを分泌させる働きがあるため、脳の覚醒を抑えて神経が落ち着いた状態で深い眠りへと導いてくれます。

 

「セントジョーンズワート」はドイツではうつ病の薬として使われているほど強いリラックス効果があります。これは、セントジョーンズワートに含まれるヒペシリンなどの成分が幸福ホルモンであるセロトニンが体内から減るのを防ぐ作用を持つためです。

 

中南米では植物性の精神安定剤として古くから親しまれているのが「パッションフラワー」です。葉にはアルカロイド類やフラボノイド類が含まれているため、鎮静作用が高くリラックスできます。なかなか寝つけなかったり、途中で何度も目覚めてしまうような方にも、安定した睡眠をもたらします。

 

「ラフマ」は中国西部や北西部にあるハーブの一種です。葉の部分をお茶として利用しますが、ノンカフェインであるため休憩時や夜などにもリラックス効果として飲まれる事も多いようです。

 

ハーブは古来よりリラックス効果が高いとして愛飲されてきました。
質の良い睡眠もリラックスして眠ることが非常に大切です。

 

当然、安眠する為にはグリシンやテアニンなどの必須成分が欠かせませんが、心身ともにリラックス出来るように、ほとんどのグリシンサプリで複数のハーブが配合されています。

 

これらの安眠ハーブを使ったハーブティーをお休み前に飲むと、自然にリラックス効果を実感した良質の睡眠をとることができますよ♪

 

⇒良質ハーブティ配合のグリシンサプリオススメはこちら!